長野市でスピリチュアルなカウンセリングや占い、恋愛・結婚・仕事相談ならヒーリングスペース石家へ

TOP >

アベンチュリン アクアマリン AVENTURINE AQUAMARINE

アベンチュリンアクアマリン

AVENTURINEAQUAMARINE

アベンチュリンアクアマリンは、鉱物的にアクアマリンです。

アベンチュリンを知っている方なら、「なぜアベンチュリンの名前がアクアマリンに付いているのか?」と疑問に方もいるのではないでしょうか。そもそもアベンチュリンというのは効果的なもので、アベンチュレッセンスから来ています。ヘマタイトやゲーサイトなどのインクルージョンによって赤や赤褐色のクォーツを指します。しかし現在は本来のアベンチュリンの産出が少ないため、産出量の多いフックサイト(クロム雲母)によって緑色になったグリーンアベンチュリンクォーツを指すようになまたのです。

アクアマリンは、エメラルドやモルガナイトなどと一緒のベリル(緑柱石)の一種です。(ソーティングはベリル表記)

純粋なベリルは、本来は無色透明ですが、ベリル中にわずかに含有される鉄によって、青色を呈します。アクアマリンの産地は主にブラジルで、近年ではアフリカなどでも産出されている人気の宝石です。

アベンチュリンアクアマリンは、アクアマリン(ベリル)にラメのようにキラキラと輝くアベンチュレッセンスが内包されます。

古代からパワーストーンとして利用され、ローマの漁夫たちが、海難防止と「漁夫の石」としてお守りにしていたと聞きます。エジプト王家の墓からは数珠が発見されています。一般には指輪やイヤリングなどの装飾品を作り身につけていたようです。

持つ人の精神を鎮めて穏やかで平和な気持ちに導くと言われ、幸福、健康、富を象徴して幸せな結婚をさせ、夫婦を和合させると伝えられているようです。

目の不調の改善や視力回復を図り、リンパ腺の病気の治療に使用される他、歯の強化にも用いられたそうです。

https://ishiyashop.base.shop/items/62569892

#アクアマリン #アベンチュリンアクアマリン #AVENTURINEAQUAMARINE #AQUAMARINE #長野市石家 #長野市天然石 #長野市パワーストーン #石家 #ヒーリングスペース石家 #石家ユニバーサルマインド #幸福、健康、富の石

 

【アベンチュリン・クォーツ(Aventurine quartz)】

アベンチュリン((Aventurine ) は、
通常は私たちが見るアベンチュリンは、
正式にはグリーンアベンチュリンクォーツと言います。

クォーツァイト(珪岩)が形成されるときに
クロムを含んだ雲母(Fuchsite)が形成され、
それが平行位に並んでいると光りに対してキラキラと輝きます。
キラキラ輝く光りの効果をアベンチュレッセンスと言います。

雲母を含んでいても、ばらつきがありキラキラとならなければ
グリーンクォーツァイトになります。

稀にインド翡翠と呼ばれるケースがありますが、
インドで多く産出されるためインドヒスイと呼ばれた経緯があります。
鉱物的には翡翠(ひすい)ではありません。

精神の面のバランスを保ち、感情を安定させ、
情緒を豊かにする効果があると言われています。

古代チベットでは、「洞察力を高める石」として、
仏像の目にあたるところを、アベンチュリンで飾り付けたと言われています。

気づき、成長、感情のバランスの石。
第4チャクラに対応し、愛を育てると言われています。

硬度:7

対応チャクラ:第4チャクラ

アベンチュリンをご覧ください。

ガネーシャを水浴びしました。

そうすると、昼過ぎに3人の営業マンが来店。
何かの営業に来たかと思いましたが、3人とも石好きで楽しんでいかれました。
ピカピカになってお互い商売繁盛。

ガネーシャ神は、
太鼓腹の人間の身体に 片方の牙の折れた象の頭をもった神で、4本の腕をもつ。
あらゆる障害を除去して成功に導き財産をもたらす神、
事業開始と商売繁盛の神
智慧を司る学問の神
文化や芸術を司る技芸の神
あらゆる事象を司る万能の神であるとされています。

天然石やアクセサリーなど多数お取り扱い石家オンラインショップはこちら

オンラインショップへ

セッションやワークショップへの参加は
下記オンライン予約、またはお電話にて承っております。

オンライン予約

tel.026-219-5414受付時間 11:00〜19:00