長野市でスピリチュアルなカウンセリングや占い、恋愛・結婚・仕事相談ならヒーリングスペース石家へ

TOP >

オニキス(Onyx)

【オニキス(Onyx)】

オニキス(Onyx)は、
ギリシャ語で、爪(縞目)を表す意味のOnyxisが由来です。

オニキス(Onyx)は、
名前の由来の通り、縞模様のあるアゲートをオニキスと呼んでいるのですが、
日本では黒のアゲート(黒瑪瑙)の事を、オニキスと呼んでいます。
海外に行きオニキスを探すときは、ブラックオニキスと言った方が通じます。

元々は、
色の違った瑪瑙が交互に縞状になった
バンデッド・アゲート(縞瑪瑙)のことを言っていましたが、
サード・オニクス(赤縞瑪瑙)、
ブラック・オニクス(黒瑪瑙)
などにも適用用されるようになりました。

悪霊から身を守る石と言われてきました。
潜在意識を目覚めさせ、運動能力を向上させる力があるとも言われています。

強い魔除けや邪気払いの石。
第一チャクラに対応し、グラウディングを助け、
恐れずに前に進む勇気を助ける石と言われています。
また気持ちの高揚を抑える石として利用できる石です。

硬度:7

対応チャクラ:第1チャクラ

自然のアート、メノウの蓋付きです。

アメジストも同じように外側が瑪瑙で縞々模様から紫色の水晶が成長しています。

このメノウはスライスしてあるので2個セット。ピアスやリングを入れて蓋をして浄化に使っても良いですね。浄化が終わったら蓋を外して自然のアートを楽しめます。

————————

アゲートは和名では、瑪瑙(めのう)っと言います。
和名の瑪瑙は、本来漢名で、
原石の形状が葡萄状または腎臓状で馬の馬脳と書かれていましたが、
後に”瑪瑙”という文字に変わりました。

石英の微細な結晶が集まって出来た石です。
その中でも色むらがないものをカルセドニー(Chalcedony)「玉髄」と呼び、
縞模様になったり紅色になったものをアゲート(めのう)と呼びます。
海外では両者の使い方が明確ですが、日本の業界ではあまり明確ではなく、
カルセドニーを含みアゲートと呼ぶことがあります。

イタリアのシチリア島から多く発見され、
その地域の古い川の名前アカテスからアケートとなり、
更に アゲート(Agate)となりました。

アゲートの色合いは様々ありますが、
着色処理が可能なので、着色されて使われることがあります。

古代から豊作や長寿、富、健康をもたらす力があると言われています。
また勇気と行動力を養って、
対人関係によって起こる失敗や不幸を防ぐ力があると言われています。
リラックスをサポートして、
環境からの望ましくないエネルギーや影響を浄化してくれます。
グラウディングと落着きをもたらしてくれます。

硬度:6.5~7

天然石やアクセサリーなど多数お取り扱い石家オンラインショップはこちら

オンラインショップへ

セッションやワークショップへの参加は
下記オンライン予約、またはお電話にて承っております。

オンライン予約

tel.026-219-5414受付時間 11:00〜19:00