長野市でスピリチュアルなカウンセリングや占い、恋愛・結婚・仕事相談ならヒーリングスペース石家へ

TOP >

ラリマー・Larimar

ラリマー(Larimar)

鉱物名:ブルーペクトライト
硬度:4.5~5
カリブ海の青い空と青い海のような模様をしたラリマー。ラリマーはカリブ海の国で
あるドミニカ共和国でのみで産出され、正式名はブルーペクトライトです。ラリマー
は1976年にノーマン・リーリングとミゲル・メンデスによって発見された比較的新し
い石です。ラリマーという名前は女性の名前ラリッサ(Larisa)と海を表すマール
(Mar)というスペイン語から付けられいました。英語読みだとラリマーですが、正式
にはスペイン語読みでラリマールと言われています。
ラリマーはドミニカ共和国の南部にあるバラオナ(BARAHONA)県のバオルコ (Baoruco)
地方の鉱山から産出され、世界で唯一ドミニカでしか採れない神秘性を感じさせてく
れます。ヒーリング効果も神秘的であり、世界3大ヒーリングストーン(ラリマー、
スギライト、チャロアイト)として、癒しの頂点であると言われています。

青く美しいカリブ海の島から産出されるラリマーには、水と大空のエッセンスが含ま
れています。水は感情と、大空は思考と関係が深く、ラリマーはその穏やかな青い光
のバイブレーションでハートと頭脳の間に安らかな調和をもたらします。ラリマーは
熱く煮えたぎったマグマから形成される火山性の鉱物ですが、それからは創造もつか
ないようなクールでソフトなブルーをしています。

ラリマーは、感情や身体の過剰なエネルギーを穏やかに沈め、自然なエネルギーの流
れを回復し、バランスのとれた自然な安らぎをもたらします。と同時にその中に秘め
られた感情や強さを引き出すエネルギーを兼ね備えています。

ラリマーには自然の作り出した様々な模様が見えます。
そんな一つだけのラリマーに秘められたヒーリング効果を少しだけご紹介します。

○エネルギーの流れを整え、バランスを保つ
肉体のエネルギーが過剰になっている部位にラリマーを置くと、その部位をクールダ
ウンするとともに、
漂っていたエネルギーを他の不足している部位へと流して、身体の生命力の流れのバ
ランスを調整することができます。
肩こり、ストレスによる腹痛、ひるひりする喉の痛みなどの症状を和らげたいときに
などに効果的だと言われています。

○自己表現する強さをサポートする
ラリマーはそのソフトなブルーの地肌の上に、ときに緑か赤の樹木の模様を表すこと
があります。
このような石は、愛と安らぎの感覚を一層強めるとともに、自己主張をする勇気と強
さをサポートします。
自分を押さえ込んで我慢してしまうような受動的すぎる性格を補正し、慎重な自己表
現と、
「ノー」と言える毅然とした態度を育て、自分の温和さを維持することができるよう
になります。

○創造性を高める
ラリマーには大海原の波やたなびく雲のような淡いブルーの景色が描かれています。
海や空は常に動き続け、決して一ヶ所にとどまることがありません
この自然の動的なリズムを備えた美しさはいつも、芸術家、音楽家、作家たちのイン
スピレーションを与えてきました。
ラリマーは創造性を刺激し、想像力を呼び覚まし、情熱をかき立てるために使うのに
ふさわしい石です。

○変化を恐れない、自分自身の強さと安らぎを取り戻す
ラリマーのもつ自然の変化のイメージは、人生も常に変わり行くものだということを
教えるとともに、
肉体の衰えが気になりだしたとき、人生のはかなさや対人関係の難しさに悩んでいる
とき、
気分が落ち込み、自信を失ってしまっているようなとき、
全てを母親のような大きな愛で受け止め、やり過ごせる強さが自分に備わっているこ
とを思い起こさせます。
人生の変化を感じる時期に、己を見失わないような手助けをしてくれる石です。

○直観力を高め、右脳と左脳を結びつける
エネンルギーの自然の流れを助けるラリマーは、身体面だけでなく感情や思考の流れ
も整えてくれます。
安定した精神状態がインスピレーションを引き出し、思考活動を活発にします。
第3の眼とも呼ばれる眉間や、髪の生え際、頭頂部の中枢などにラリマーを置き、
そこに意識を集中することで、インスピレーションを得やすいリラックスしたα波の
脳脈様態に導きやすくなります。

○感情に左右されない心の安定とスムーズな思考活動をサポートす
カリブの空と海を表すラリマーは、感情と思考との安定した調和をもたらします。
活発に思考や表現活動をしながらも、感情に左右されることのない安定した精神状態
を保つことができます。
ラリマーのブルーは第5チャクラの喉のチャクラに関係の深い色と言われ、交渉や新
しい考えを言葉で表現したいとき、
喉の元に置くと、感情に左右されない安定した精神状態を引き出し、思考と表現をス
ムーズに結びつける。

参考図書:「クリスタル・トランスミッション」
カトリーナ・ラファエル著

【スギライト(sugilite) 和名:杉石】
スギライトの歴史は以外に新しく、
愛媛県の岩城島産で1944年に日本人の手によって発見された鉱物です。
1976年に新しい鉱物として認められ、
発見者の師である杉健一教授の名前にちなんで、
スギライト(和名:杉石)と名づけられました。

スギライトは、一般的に紫の石と思われていますが、
色のバリエーションを持つ石の一つです。

黒っぽいものや、
ブルーのペクトライトを含むもの、
うっすらと透明感のある紫のもの、
カルセドニーが含まれ透明な部分があるもの
紫とピンク合わさったピンク色のものまで存在します。

発見地である、愛媛県の岩城島産のものは小さな黄褐色の結晶でした。
スギライトといえば浮かぶ濃い紫色や黒っぽい色のものは、
南アフリカのカラハリ砂漠にあるウィーセル鉱山から産出されたもので、
マンガンを含んだ変種です。本来はマンガン・スギライトと呼ばれるものです。

世界3大ヒーリングストーンのうちのひとつであるスギライト。
その深く美しい紫色は、持つ人の心にヒーリングをもたらし、
発想力や創造力、直観を豊かにしてくれます。
産出量も少なく、世界中で注文されている天然石の一つです。
今では綺麗なスギライトはなかなか見つことはできません。

マイナスエネルギーの浄化助ける癒しの石。
メッセージを受け取る力や、直観力を高める。
大天使ミカエルと繋がる石と言われています。

硬度:5.5~6.5

対応チャクラ:第7チャクラ

http://www.ishi-ya.com/fs/ishiya/c/0000000250

天然石やアクセサリーなど多数お取り扱い石家オンラインショップはこちら

オンラインショップへ

セッションやワークショップへの参加は
下記オンライン予約、またはお電話にて承っております。

オンライン予約

tel.026-219-5414受付時間 11:00〜19:00