長野市でスピリチュアルなカウンセリングや占い、恋愛・結婚・仕事相談ならヒーリングスペース石家へ

TOP >

アズライト

アズライト

Azurite

【アズライト(Azurite ) 和名: 藍銅鉱 】
アジュライト


アズライト(Azurite )の語源は、
ペルシャ語で青色の意味の“lazward”に由来しています。

形状としては、柱状、皮殻状、葡萄状、球状、鐘乳状等
様々な形状で産出されます。
マラカイト(孔雀石)と混じって産出することもあり、
この場合、アジュマラカイト(アズラマラカイト)と呼ばれています。
成分状はマラカイトとほとんど同一の鉱物です。

古代文明では顔料として使われていました。
ラピスラズリと似ていますが、ラピスラズリよりも濃いブルーです。
空気中の水分や酸化などにより、マラカイトに変化するケースがあります。
しかし、逆の例はないようです。
—————————-

パワーストーン

ギリシャ、マヤなど多くの古代文明時代か神聖視されてきた鉱物で、
祈祷や予言の際によく使われていました。
様々な病気の予防薬や治療薬としても用いられていたと言われています。

第6チャクラをサポートし、洞察力を強くしてくれます。
本当の気持ちを解放する石です。

硬度:3.5~4
対応チャクラ:第6チャクラ

アストロフェライト

アストロフィライト

【アストロフィライト(Astrophylite) 和名:星葉石】


アストロフィライト(Astrophylite)の語源は、
ギリシア語の“astro(星)”と“phyllon(葉)”の意味の由来です。
別名として、アストロアイト(Astroite)、アストライト(Astrite)
とも言います。

三斜晶系に属する柱状や刃状、葉片状などの結晶体で見られ、
それらが放射状に集合して星のようにみえることもあります。

一見黒っぽく見えますが、
石の中を見ると濃い茶色やオレンジが羽根のように輝いてるようにも見えます。
マイカ(Mica)「雲母」と似ていて、一方向に結晶が伸び、層の一枚一枚がはがれます。

———————————
パワーストーン


知性、創造を象徴としていると言われています。
石の特性から、未来への希望、自分自身の輝きなど表すと言われています。

客観性や論理性を育み、高ぶった感情を鎮めて理性に基づいた判断を下せるよう
導き力があると言われています。
また、第一チャクラ、第二チャクラをサポートする石で、
グラウディングや自分自身を保ったり、
オリジナリティを作り上げてくれると言われています。

産地:アメリカ

硬度:3

【アゲート(Agate) 和名: 瑪瑙(めのう)】

アゲートは和名では、瑪瑙(めのう)っと言います。
和名の瑪瑙は、本来漢名で、
原石の形状が葡萄状または腎臓状で馬の馬脳と書かれていましたが、
後に”瑪瑙”という文字に変わりました。

石英の微細な結晶が集まって出来た石です。
その中でも色むらがないものをカルセドニー(Chalcedony)「玉髄」と呼び、
縞模様になったり紅色になったものをアゲート(めのう)と呼びます。
海外では両者の使い方が明確ですが、日本の業界ではあまり明確ではなく、
カルセドニーを含みアゲートと呼ぶことがあります。

イタリアのシチリア島から多く発見され、
その地域の古い川の名前アカテスからアケートとなり、
更に アゲート(Agate)となりました。

アゲートの色合いは様々ありますが、
着色処理が可能なので、着色されて使われることがあります。
———————————-

パワーストーン

古代から豊作や長寿、富、健康をもたらす力があると言われています。
また勇気と行動力を養って、
対人関係によって起こる失敗や不幸を防ぐ力があると言われています。
リラックスをサポートして、
環境からの望ましくないエネルギーや影響を浄化してくれます。
グラウディングと落着きをもたらしてくれます。

硬度:6.5~7

アクアマリン

【アクアマリン(Aquamarine )】

ベリル
和名:緑柱石、藍柱石、藍玉

アクアマリンは、ベリルの水色をしたものを言います。
同じファミリーのエメラルドに比べると大きな結晶で産出します。
インクルージョン(内放物やひびなど)が少ないのも特徴です。
アクアマリンはペグマタイトや花崗岩、一部の広域変成岩中に 生成し、六方晶系に属する長柱状結晶体や短柱状結晶体などで 発見されます。

産出される原石のほとんどは、緑色を帯びているため、
良い青色とするため、エンハンスメント(品質改良)が施されています。
稀に成長線が多くある場合、
カットによりキャッツアイ 効果をはじめ、
スター効果をもつアステリズムの可能性があるとされます。
また、見る角度によって無色や青色を示す『二色性』も持つと もいわれています。
紀元前3世紀頃にはすでに知られていて、
船乗りたちの守護石として用いられたようです。
職人たちは指輪やイヤリングなどの装飾品を作り、
エジプト王家の墓からは、
アクアマリンの数珠が発見さています。
パワーストーン
——————————–
3月の誕生石。航海のお守り。
「幸せ」「結婚」「平和」などの象徴として恋愛のお守り石。
表現力や創造力をサポートし、コミュニケーションを助けると言われています。
硬度:7.5~8

天然石やアクセサリーなど多数お取り扱い石家オンラインショップはこちら

オンラインショップへ

セッションやワークショップへの参加は
下記オンライン予約、またはお電話にて承っております。

オンライン予約

tel.026-219-5414受付時間 11:00〜19:00